卒業して間もない状態の人

最近は、新卒者の採用を増やしている会社が増えており、採用されやすくなっています。
今まで新卒をなかなか採用していなかった会社も、新卒枠を増やすようになっています。どの会社も新卒を採用する理由は、学生時代に得た知識を活かす機会があるからです。知識を詰め込んでも、使わなければ失われます。卒業して間もない状態の人ならば、学生時代に授業で得た経験や知識を、そのまま持っているものです。
若い人は年配の人に比べて経験はありませんが吸収力はあるので、教育しやすいという点も新卒を採用する理由になっています。若い人には負けないつもりでいても、加齢による老いは誰にでも訪れるものです。年をとると物覚えは悪くなりますし、体力が続かなくなることもあります。
新卒者は若さという最大の武器を持っていますので、行動も早く、覚えもいいでしょう。社会すなわち経済は常に変動しているので、柔軟かつ素早くに行動できる新卒は特に重宝されます。まだ社会で働いていない新卒者は、既存の価値観にとらわれていないので、会社のやり方を柔軟に受け入れてくれます。新卒者が会社に加わると、社内のムードをよい方向に変えることが可能です。
若者ならではの雰囲気が、会社に新しい風を吹き込みます。先輩は後輩に抜かれないようにがんばりますし、後輩は先輩を追い抜こうとがんばるはずなので、刺激を与えるきっかけにもなります。