派遣社員を求める会社が増加

以前は、正社員になれない人がなるものが派遣社員であると考えられていました。派遣社員は、正社員ほどのスキルも人材価値もない人がなるものであり、正社員のほうが常によくできる人であるという印象もありました。

最近では、人材が足りなくなっていることもあり、派遣社員を求める会社が増加してきています。心身共にストレスの多い正社員としての暮らしより、自由にできる時間を最大限に活用できる派遣社員としての生活を希望する人も、少なくなくなっています。不況の波が急激に押し寄せてきた時には派遣切りが取り沙汰されたこともありましたが、現在は派遣社員になりたい人もふえています。

雇用の形は派遣社員であるものの、短時間で十二分の成果を上げており、会社から見てもなくてはならないという人もいます。企業側も、正社員を減らして派遣社員を増やすことで、仕事の割り振りをより効率的なものにできるようになるなどの利点があります。繁忙期だけ派遣社員を大勢雇うなどして、正社員を継続的に雇用するよりも効果の高い人材の使い方をする企業もあります。

女性の場合は、子育てや、家のこともするために、派遣社員として働く人もいます。出産と育児にもエネルギーを注ぎたいという女性の場合、派遣社員が一番働きやすいことがあります。家庭も維持して、仕事も続けたいので、仕事のほうは時間を区切ってその時間内で成果を上げるという女性は、最近は少なくありません。これからも、派遣社員として働きたいという人が多くなる一方で、派遣社員を雇いたいという企業は増えていくと言われています。